公益財団法人テルモ生命科学芸術財団 Terumo Foundation for Life Sciences and Arts

公益財団法人テルモ生命科学芸術財団
HOME > 現代美術助成 > 2016募集要項

現代美術助成

2016募集要項

当法人は、これまで科学技術振興のための助成を行ってまいりましたが、2015年度より芸術分野に対する助成を新たに発足させております。

芸術分野に於いては、社会の中でアートとアーティストの果たす役割を重視したいと思います。それは多様な価値観や人間的な精神生活を育て未来につなぐために必要なことをアーティストが気づかせてくれるからです。彼らのつくり出すアートはさまざまな形や見え方で社会に現れ、人びとの意識を揺さぶり、変化を促します。アートを見て、元気が出た、心が洗われた、などの率直な言葉が出るとき、私たちはアートが「精神と心の活性化」に働きかけていることを知ることができます。

アートの分野は色々ありますが、当法人は、現代美術を対象として助成を実施します。それは現代を生き現在の社会で制作するアーティストを支持する立場に立ち、その創作活動から生まれるアートが現代人に「精神と心の活性化」をもたらすと考えるからです。

アートの制作、調査研究、アーティストを支える活動、医療へのアートの適用など現在の社会におけるアートへの取り組みを支える助成を、現代美術という分野に焦点をあてて実施します。

1. 助成内容

現代美術に関する活動に対して下記の助成を行います。

1)制作・展示助成
2)現代美術を活用した諸活動の助成(普及・振興、調査・研究、地域企画、その他)

なお、助成の対象は原則として1950年以降の作品とします。また、制作、調査・研究以外は国内での実施に限ります。

2. 助成金額、助成期間

助成金額と採用予定件数は下記のとおりです。なお、当法人からの助成金と重複して、別の助成を受けても、差し支えありません。

1)制作・展示助成

・300万円/年 × 2年間(計600万円) 1件
・200万円/年 × 1年間 4件
・100万円/年 × 1年間 13件

2)現代美術を活用した諸活動の助成(普及・振興、調査・研究、地域企画、その他)

・200万円/年 × 1年間 2件
・100万円/年 × 1年間 4件
・50万円/年  × 1年間 6件

2016年度採択助成金総額: 3500万円

助成期間は2017年4月~2018年3月および2017年4月~2019年3月(2年間助成の場合)とします。助成期間には「精神と心の活性化」の評価期間を含みます。(精神と心の活性化の評価については「申請画面の入力要領」を参照)

3. 助成の対象となる経費
1)
制作・展示助成
作品の制作、展示に直接要する費用(会議費、会場費、設置費、材料費、旅費、通信費、アルバイト代、カタログ・冊子制作費、調査・フィールドワーク、謝礼〔講師、原稿執筆〕等)
2)
現代美術を活用した諸活動の助成
活動に直接要する費用(会議費、会場費、旅費、作家謝礼、アルバイト代、賃料、材料費、文献費等)

なお、飲食費、アルバイト代以外の人件費、レセプションに関わる費用、助成申請者の報酬や家賃、食費等生活費、建物の建築、修理や維持費用は助成対象に含めません。

4. 申請者

現代美術の作品制作、展示、現代美術を活用した諸活動に従事する個人又は法人。
申請者は、個人の場合は、日本国籍を有する者又は日本に活動の基盤を置く外国籍の者。法人の場合は日本の非営利法人であって、直近年度の損益計算書の経常費用が5000万円以下である法人。
なお1申請者あるいは1法人から、上記1)、2)の助成のうち1件の申請に限ります。

以下に該当する場合は申請できません。
・2015年度の助成金を受けた者(共同実施者を含む)。
・営利企業、営利団体
・海外で活動する場合に、日本国内に常時連絡が取れる連絡先をもたない個人

5. 推薦者
申請にあたっては推薦者を必要とします(但し、50万円/年の助成を除く)。推薦者は申請の際、所定欄に氏名、所属機関名、申請者との関係、推薦理由、電話番号、メールアドレスを記入してください。
6. 申請方法

以下の助成申請web登録ボタンをクリックし、マイページ登録後、申請の流れに従って、web 申請を実施してください。なお、web申請画面には9月1日~9月30日の期間にアクセスが可能です。申請内容は以下の「申請画面の入力要領」を参照願います。なお、申請は日本語とします。

助成申請web登録
2016年度の募集は終了しました。

2.現代美術を活用した諸活動の助成

・調査・研究
申請画面の入力要領(調査・研究) pdf
・普及・振興、地域企画、その他
申請画面の入力要領(普及・振興、地域企画、その他) pdf
7. 画像データ等のアップロード

申請にあたってはwebシステムの画面に従って以下のデータ(PDFファイル)をアップロードしてください。(詳細は「申請画面の入力要領」を参照)

制作・展示の申請にあっては完成/展示予想図(現代美術を活用した諸活動の申請については不要)
これまでの実績(すべての申請について必要)
8. 申請期間
2016年9月1日~2016年9月30日(24:00まで)
9. 選考等について

上記申請期間に従い受付けを行い、選考し、理事会の決定を経て、2017年3月に採否の通知を行います。申請内容の評価は、芸術的評価(同時代性、実験性、先駆性等)と現代美術の普及効果、本財団の目的(「精神と心の活性化」に貢献する程度等)の評価等により行います。
選考に際しては、所定の申請事項、添付資料に加え、更に詳しい資料等の提出をお願いすることや面接をさせていただくことがありますのでご協力をお願いします。なお、面接実施の際には、当法人の規定による交通費をお支払いします。

【選考委員会】(敬称略)

委員 
小池 一子 武蔵野美術大学 名誉教授
小崎 哲哉 京都造形芸術大学大学院学術研究センター 客員研究員
蔵屋 美香 東京国立近代美術館 企画課長
10. 助成金の贈呈
原則として2017年3月以降に、日本国内にある金融機関宛に日本円で振り込み、贈呈します。
11. 成果、会計の報告
申請期間終了後あるいは活動の終了後、3カ月以内に実施報告書および会計報告ならびに領収書等の写しを受け付け窓口に提出してください。実施報告書には、活動報告とともに、具体的成果の報告(作品、展示あるいはイベントの写真や動画、調査・研究結果等)を入れてください。また「精神と心の活性化」についての評価報告も必要です。なお、実施期間が1年以上の事業では、中間報告を要します。実施報告ならびに会計報告はweb報告システムにより実施いただきます。詳しくは報告要領を参照ください。なお、実施報告書は住所、電話番号、メールアドレスを除き、公開することを原則としますので、予めご承知ください。
12. 申請上の注意事項
(1)
助成対象となった場合、申請者名、活動名称(作品名、企画名、調査名、研究名、活動名等)、実施場所等を当法人のホームページに掲載します。
(2)
申請された個人情報については、テルモ生命科学芸術財団の事業に関連する活動以外には、一切使用しません。
(3)
申請者が所属する組織の間接経費、一般管理費(いわゆるオーバーヘッド)は助成の対象とはなりません。
(4)
申請書や添付資料については、指定のページ数以内、映像については指定の時間以内で作成ください。これを超えると申請書の受理を原則としていたしませんのでご注意願います。
13. その他の注意事項
(1)
助成対象事業のパンフレットやチラシ、ポスター、図録、プログラムなどには、当法人が助成したことを明示していただくために、「助成 公益財団法人テルモ生命科学芸術財団」と明記してください。(ロゴもありますので、ご利用ください。また助成決定時点で印刷済みの場合は、この限りではありません。)
(2)
実施報告書の事業内容が申請書と著しく異なる場合、申請書に記載のない費用が含まれている場合、助成金の返還を求めることがあります。
(3)
助成決定通知を受けた後に、活動計画を変更・中止する場合には、速やかに連絡ください。なお、活動計画の変更はその内容、理由により承認しないことがあります。
(4)
助成対象となった個人及び法人においては、下記の事項について同意を求めることとします。
国内外の法規を遵守すること。
反社会的勢力との関わりを持たないこと。
助成金を募集要項および申請書に記載した内容に沿って使用すること。
上記の同意事項に反した場合には助成金の採用取り消し、及び返金の請求に応じること。
申請書送付先・問合せ先
現代美術助成 受付窓口(一般社団法人アーツアライブ)
〒150-0001 渋谷区神宮前3-15-19-101
TEL:03-6721-1673 FAX:03-6732-1675
e-mail:terumo-f@artsalivejp.org
pagetop