中高校生が第一線の研究者を訪問
「これから研究の話をしよう」

学校の生物部や自然科学クラブなどに所属して「将来は研究者に!」と胸をふくらませている中高校生が全国にいる。そんな研究者の卵たちが、第一線の研究者を訪問して、研究内容や研究のおもしろさ、研究上の苦労などをインタビュー!
いったいどんな話題が繰り広げられるのだろう?
  • 第9回

    ウイルスの一生を視る
    長崎大学感染症共同研究拠点 感染病態研究分野 人材育成部門長
    教授(薬学博士)南保明日香先生
    × 長崎県立南高等学校

2019年

2018年

2017年