中高生と“いのちの不思議”を考える─生命科学DOKIDOKI研究室

生命科学なんでも質問箱 生命科学のみんなの疑問に答えるコーナーだよ!

  • 宿題で、生命科学と環境保全、食料確保の問題についてのレポートを書かないといけないのですが、いまひとつ漠然としているような気がしてとりかかれないので、なにかヒントをいただけないでしょうか?

切り口となるテーマをどう見つけるかがポイント

この3つのキーワードの中で、どこを初めの切り口にするかから考えてみてください。

たとえば、環境保全から考えると、人類はこれまで化石資源(石油、石炭)の開発、活用で繁栄してきたが、環境破壊の問題も起きている。そこで注目されてきたのが生物資源、バイオマスで生物や微生物の機能を使うこと(ガソリンの代替にバイオマスエタノールとか)が行われ始めている(しかしながら、トウモロコシやサトウキビなどの農地が拡大され、別の環境破壊、食料保全に問題が起きている現状もあることは課題であり、どうバランスをとるか・・・)。

また、温暖化、酸性雨、熱帯林破壊、海洋汚染、大規模開発等での環境破壊と食料確保の面から見ると、耐病性や耐虫性、ストレス耐性のための遺伝子導入植物や海洋生物の遺伝子操作も行われている。これらは生命科学技術を応用しており、組換えDNA技術や細胞の形質転換技術等がある。さらなる展開としては生物機能を利用した汚染土壌浄化技術の開発やバイオマスを原料とした合成樹脂、界面活性剤といった、これまでの石油に依存しない技術の開発等によって新たな産業創出、循環型社会、温暖化防止等に繋がっていくことも考えられます。

上記の内容が参考になればと思います。

また、Yahoo!やGoogleなどで「生命科学、環境保全(環境)、食料確保(食料)」などのキーワードで検索し、興味を持ったテーマから出発して、それぞれのテーマがどう関連しているのかを考察し、組み立てていくといいでしょう。

PAGE TOPへ
ALUSES mail