中高生と“いのちの不思議”を考える─生命科学DOKIDOKI研究室

生命科学なんでも質問箱 生命科学のみんなの疑問に答えるコーナーだよ!

  • なぜ誰にでも効果があって確実、安全な発毛剤は、未だにできないのでしょうか。

はげる原因が複数あり、遺伝も関係しているので、万人に効くのは難しそう

なぜかはわかりませんが、脱毛やはげ方の違いの原因が複数あり、また遺伝もあることから、万能の発毛剤は難しいのではないでしょうか。
とはいえ、この分野の研究開発、商品開発は進んできており、今、下記のようなことが話題に上っています。

(1)
アメリカの発毛剤「ポラリス」はミノキシジル16%(「リアップ」の3倍強)で、男性型脱毛症(AGA)に効果がある。
(2)
内服薬「フィナステリド」は脱毛原因のDHT(ジヒドロテストロン)を抑制し、AGAに効果がある。
(3)
内服のリウマチ薬「トファシチニブ」は、マウスで全身脱毛症から回復したとの実験結果があり、この適応拡大で日本でも使えようになるかもしれない。米国で乾癬治療のために「トファシチニブ」を投与された男性が8ヶ月でフサフサになったとの使用例があるようです。
(4)
「パルテノライド」は抗がん・抗アレルギー効果があると阪大医学部等で研究が進んでいるが、なぜかは不明だが育毛効果があるとのデータがある。
(5)
韓国発「ビタブリッドC」。今韓国で100万本売れているとのこと。

次々と新しい商品が開発されています。ものは試しで使ってみて、効果を調べてみては・・・・?(update:2014.7.27)

PAGE TOPへ
ALUSES mail