公益財団法人テルモ生命科学芸術財団

中高生と“いのちの不思議”を考える─生命科学DOKIDOKI研究室

「サイエンスカフェ2018」レポート
講義と最先端の医工連携施設での実習を通じて
再生医療や人工臓器について学んだ2日間

全国のスーパーサイエンスハイスクールの中から高校生を招待し、医工連携の最先端の施設での実習や講義を通じて、生命科学研究のおもしろさを体感してもらう「サイエンスカフェ」。7回目となった2018年は、14府県から27名の生徒が参加した。あいにく台風の襲来で、2日目の実習は半日で切り上げざるをえなかったが、ガイド役を務めてくれた先生方や院生との交流によって、将来のヒントとなったようだ。プログラムを紹介しよう。

スケジュール

1日目 7月27日(金)●ホテルグランドパレス
14:00
開会 挨拶
14:10~17:00

第1部 最先端生命科学講義

1.
人工臓器最前線-エンジニアが先進医療に挑戦する
 
早稲田大学理工学術院 教授 工学博士・医学博士 梅津光生先生
2.
心臓を創る~再生医療最前線~
 
東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 所長・教授 清水達也先生

第2部 若手研究者に聞く

 
「工学部出身なのに医学の研究をしているそのワケは?」
東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 講師
高橋 宏信 先生
 
「自分の夢は何?─研究者になって医療の発展に貢献したい」
早稲田大学大学院 創造理工学研究科 総合機械工学専攻
田中 龍一郎 先生
 
「研究には正解がない。だからこそ挑戦する意味がある」
早稲田大学大学院 創造理工学研究科 総合機械工学専攻
秋元 渓 先生
 
司会:清水達也先生
18:00~20:30
2日目 7月28日(土)●TWIns
9:00~9:10
ガイダンス
9:20~10:00
10:10~11:50
実習
11:50~12:20
昼食
12:20~13:00
13:30
解散

■参加校

(宮城県)
宮城県仙台第一高等学校
(福島県)
福島県立会津学鳳高等学校
(栃木県)
栃木県立足利高等学校
(富山県)
富山県立富山中部高等学校
(福井県)
福井県立武生高等学校
(山梨県)
山梨県立巨摩高等学校
(静岡県)
静岡市立高等学校
(愛知県)
愛知県立半田高等学校
(奈良県)
奈良県立青翔高等学校
(京都府)
京都府立桃山高等学校
(兵庫県)
兵庫県立明石北高等学校
(長崎県)
長崎県立長崎南高等学校
(大分県)
大分県立日田高等学校
(宮崎県)
宮崎県立宮崎北高等学校
PAGE TOPへ