公益財団法人テルモ生命科学振興財団

財団サイトへもどる

中高生と“いのちの不思議”を考える─生命科学DOKIDOKI研究室

虫たちの体に潜む共生微生物が宿主の行動、性別までも変える不思議 産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門 首席研究員 深津武馬

地球上にすむアブラムシやカメムシ、ゾウムシなど多様な虫たちの体内には、共生微生物がいて、1億年以上に及ぶこともある共生関係の中で、宿主単独では持ちえなかった新しい機能を生み出してきた。物心ついたときから虫が大好きで、夢中になって虫採りに熱中していた深津先生は、研究者になった今も、ワクワクした気持ちを抱きつつ、虫たちの多様性をもたらす進化のしくみを探究し続けている。

profile

深津 武馬(ふかつ・たけま)
1966年東京生まれ。89年東京大学理学部動物学教室卒業。94年同大学大学院理学系研究科動物学専攻博士課程修了、理学博士。95年通商産業省工業技術院(現・産業技術総合研究所)生命工学工業技術研究所入所。主任研究員、研究グループ長などを経て2013年より同研究所生物プロセス研究部門首席研究員。11年筑波大学大学院生命環境科学研究科教授(連携大学院)。13年東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻教授(兼任)。19年ERATO深津共生進化機構プロジェクト研究総括。

ショートムービーで見る研究のあらまし